冷え性方法に効果があるツボのポイント

苦しい冷え性、正解は様々ありますが、金字塔簡単にできるのがアームのツボ押しだ。
冷え性は、自律心が分散を乱し、血の流れが悪くなって掛かることから生じます。
ツボを押してほぐしてやる結果、血の流れを良くすることができます。
殊更右腕の冷え性に効くとしているのが、合谷(ごうこく)と呼ばれるツボだ。
これは冷え性だけでなく、頭痛、肩こり、便秘にまでだらだら効果があります。
親指の骨といった人差し指の骨が合わさる地から幾らかインテリアにあります。
もうひとつは、指隔たり落とし穴(しかんケツ)と呼ばれるツボだ。
人差し指という中指、中指と薬指、薬指という小指の指の付け根にあります。
押し皆様のポイントは自分が気持ちがいいという見える強さで、5秒かけて次第に力を入れて押していきます。
押したら5秒間休み、また続けて5秒かけ押していきます。
ゼロ個所につき10回近所を目安に押していきましょう。
親指と人差し指で摘むように圧すのがコツです。
押していくうちに指先がポカポカして来るのがわかります。
手軽にできる戦法ですが、あんまり強く押しすぎるって、痛めてしまうこともあるので注意しましょう。
リラックスしているときに行うと影響が再び高まりますが、飲酒後は止めることが大切です。

▲ページトップに戻る