夏場の角冷え性の原因は空調かもしれません

人体が温まりづらい急増体調になっていることを「冷え性」と言います。冷え性による身体の寒気は肌荒れや体の怠さ、肩こり、むくみなど全身に悪影響を及ぼすケー。冷え性の中でもそれほど身体の尖端、指先やつま先に寒気を感じるについてには「尖端冷え性」と呼ばれることがあります。尖端冷え性は、心臓から遠い身体の尖端の血行が悪くなることにより、起こります。尖端冷え性は冬だけではなく、夏季も空調を通して冷えた院内におけることでも起こることがあります。
寒気を感じた場合には、白々しい物を飲まないようにするということが挙げられます。空調が必要なほど暑い時でも、出来る限り常温の水物を呑むように心掛けましょう。また、ひざ掛けなどを使用することにより、寒気から人体を続けることが出来ます。
全身の血行を良くする技法として、こまめに運動をするということが大切です。運動をすることにより、血行が良くなり、体内が温まり易くなります。座りながらもやれる行動もありますので、期間を見つけて行うようにしましょう。
また、食べ物ではビタミン・ミネラルを数多く含んだ根本の取り入れを心掛け、サッカリドの過剰摂取は避けるようにしましょう。

▲ページトップに戻る