漢方から冷え性を考える

基本的に欧米医学では「冷温」という病名はありません、だから「冷え性」と来院受けることはないのです。但し漢方医学には「ひえしょう」には「冷え性」といった「冷え症」の2通りの触れ込みがあり、 人体が冷え易い「慣例」のことを総して「冷え性」と言います。そうして、その症状として 「冷え症」があります。具体系統症状には味方が冷える、徒歩が冷えてするどく眠れなかったり、空調にあたるという、おなかを負かしたり、というものがあります。中でも女性に多いことで知られています。主な状況には自律心の異常が考えられます。自律心が乱れると、体温調整がうまくいかなくなり、申込、冷え性を引き起こします。では、何故冷温はいけないのか、それはただ体躯が冷えてつらいというだけでなく、冷温がさまざまな症状、腰痛や低血圧などを引き起こし、それゆえ、また大きな疾病いの原因にもなりかねないからなのです。漢方医学は身体の中の作用をよくして、症状を改善していくことを目的としているので、冷え性の手当は巧み地域に入ります。ひとくちに冷温といってもひとそれぞれの慣例や状況にて、薬の内容も変わってきます。それゆえに、しっかりした漢方医に問診を受けることをおすすめします。自分の食事やライフサイクルも見直す必要があるかもしれません。

▲ページトップに戻る