血行を改善する効果が期待できるαGヘスペリジン

青みかんなど、柑橘類の皮などに含まれている栄養に、ヘスペリジンというポリフェノールがあります。
ヘスペリジンは、抗酸化行動があり、末梢血管を強くする働きがあります。
そのため、血の流れを見直し、高血圧を予防すると言われています。
昔から、みかんの皮は、乾燥させて漢方として使われるぐらい、健康に良い売り物でした。
ヘスペリジンは、完熟したみかんよりも、青みかんに手広く含まれています。
熟してしまうといった、ヘスペリジンのかさが減ってしまうのです。
ヘスペリジンを摂取すると、末梢血管の血行が矯正され、体温が上がります。
そのため、冷え性にもいい栄養と言えます。
邦人女性は、右腕が冷える人が多いのですが、ヘスペリジンを摂取する結果血行が矯正され、冷え性の矯正が期待できます。
今、冷え性のマミーのためのサプリメントとして注目を集めている小物があります。
それは、αGヘスペリジンだ。
αGヘスペリジンは、20時世という時間をかけて開発された商品で、ヘスペリジンの体得性を高めた糖転移ヘスペリジンとナノヘスペリジンが含まれています。
体得性が伸びる結果、一層冷え性を改善する感情が強くなっていらっしゃる。
αGヘスペリジンは、寒い季節から冷え性のマミーを守って受け取るサプリメントだ。

▲ページトップに戻る